シャマイム・ローズギャラリー
Top Seminar Hotnews Event Information press Givaudan Rose Essence Shop Profile School Contact English
  シャマイム・ローズギャラリー ホットニュース
BackNumber < 41 40 39 38 37 36 35 34 33 32 31 30 29 28 27 26 25 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 >
薔薇咲き誇る季節 第二弾、今回はスリランカ民主社会主義共和国の秘宝ブルー サファイアと
シャマイム ローズ ギャラリーの ローズ オブ サファイアのコラボレーション特集!
”Rose of Sapphire” with スリランカ民主社会主義共和国総領事館
世界の薔薇をあなたに<56>
在大阪スリランカ民主社会主義共和国名誉総領事
 Mr.D.W アルッガマゲ総領事とご一緒に
薔薇咲き誇る季節、2011年4月22日 在大阪スリランカ民主社会主義共和国名誉総領事館 Mr.D.W アルッガマゲ総領事様を表敬訪問させていただきました。宝石・ブルー サファイアはスリランカ民主社会主義共和国が世界の主な原産地です。 6月17日のザリッツカールトン大阪で開催されたローズセミナーではDW アルッガマゲ様の代理でを秘書の菊澤 理恵様をゲストにお招きして、英国のウイリアム王子がキャサリン妃に贈られたスリランカ産のブルー サファイアの秘話もご披露いただき、美味しい薔薇のランチと素敵な宝石にうっとりしながら、アレンジを作成した楽しいローズ セミナーでした。
皆様の次回のご予約ご参加お待ちいたしております。
祝 英国ウイリアム王子とキャサリン妃の
 ロイヤルウエデング!
-宝石ブルー サファイアについて - 聖な知恵の力を持つ青い石神聖な知恵の力を持つ青い石

米国 英国総領事 官邸にて
『サファイアは、ギリシャ語、ラテン語、ヘブライ語でも[青]を意味する語源を持ちます。
青といえば、晴れわたった空の色。古代の旧約聖書にブルーサファイアは、宝石の中でもひときわ気品と格調にあふれていて「その透明なことは、天体のよう美しく青かった」と表現されています。古代より神から授かった神聖な知恵の力を持つ宝石とされたtためブルーサファイアは、古代では王や高僧など、最高の位にある宝石として用いられることが多く、ロイヤル・ジュエリーと呼ばれていたそうです。
サファイアは9月の誕生石。特にブルーサファイアは、モーゼが伝えられた「十戒」を刻んだ石の板もブルーサファイアだったと推測されています。 またギリシャ神話では、一途な愛をかなえる宝石パワーがあると伝えられいます。
故ダイアナ妃がチャールズ皇太子から贈られた婚約指輪でウイリアム王子に引き継がれたとされるブルーサファイアはスリランカ産で、スリランカの大統領よりエリザベス女王様に贈呈されからチャールズ皇太子殿下に引き継がれた大粒のブルーサファイアをダイヤモンドでぐるりと取り巻いたそれは見事な美しさのものだそうです。古代より大きなブルーサファイアを手にしている者ほど、神に近いところにいると考えられて神の祝福をもたらす石として、最も珍重された宝石の1つに数えられてきたため、結婚式の日花嫁は、サムシング・ブルー、必ずブルーの者を1つだけ身につけると幸福になれるとのは、古代の王に嫁ぐ女性がブルーサファイアを身につけた習慣から生まれたそうです。今もヨーロッパの上流階級ではブルーサファイアをアンダードレスの中に縫い込み、生涯の幸せを祈ったそうです。英国のウイリアム王子様とキャサリン妃の末永い幸福をお祈りいたします。ロイヤル ウエデングの前にウイリウム王子とキャサリン妃よりシャマイム ローズギャラリーに対して暖かいメッセージをいただいたことも大変光栄に思っております。
ブルー サファイア ローズ オブ サファイア



最後にシャマイム ローズ ギャラリーの由来ですが、シャマイムはヘブライ語で「天国・青空」という意味です。ヘブライ語で古代から、昔ある神々に近いといわれて云われている山で Beyond “The Shamayim” 青空の向こうの神様の世界にサファイアの様に美しい“青い薔薇”を見たという云われがあり、青い薔薇の輝きが多くの場所や人々に平和と幸せをもたらせてくださいますように願って名付けさせていただきました!
更新日 11/08/08
  シャマイム・ローズギャラリー ホットニュース
真夏の薔薇特集 !
 平和のシンボル!可憐に咲く誇る”アンネの教会”の黄金薔薇と”ローズ オブ サファイア”
世界の薔薇をあなたに<57>
真夏の薔薇特集! 6月12日 兵庫県西宮市にあるアンネの日記で有名になったアンネ・フランクのお父様 オットー・アンネさんが友情の印として教会に送った誇り高きアンネをイメージしたの薔薇が咲き誇る聖イエス アンネの教会を訪ねました。アンネ・フランクは、隠れ家で記した日記の中で、もし、神様が命を下されば、「わたしは世界と人類の平和ために働きます」と書いています。この教会は、彼女の平和と人類愛の理想が、多くの若い人たちに、受けつがれていくようにとの願いをこめてアンネ生誕50周年の1979年計画され、1980年4月に建てられそです。現在は高橋数樹牧師さまがアンネの記念館と薔薇を大切に育てられています。

花は彼女の多彩な才能を象徴するように、深紅のつぼみを開くにつれ、花びらを黄金色に変化させる。時間とともに濃いピンク色へ染めていくのが特徴です。5月と7月は咲花時期でその黄金の薔薇はアンネの「平和の尊さを訴えて咲いているようだとおしゃっておられました。シャマイムの青い薔薇のブーケをアンネの教会にプレゼントさせていただきました。咲花時期には可憐に咲く薔薇を是非、見に行かれてくださいね。
HP http://www.annesrosechurch.com/
同教会TEL 0798・74・5911
アンネの薔薇の教会
アンネの薔薇 2008年7月
高橋 数樹牧師様 特別出演 Dearest Rose ノルマンデイ メモリアル ローズ ガーデン
更新日 11/08/08
BackNumber < 41 40 39 38 37 36 35 34 33 32 31 30 29 28 27 26 25 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 >
Copyright 2010 Shamayim Rose Gallery All Rights Reserved.