シャマイム・ローズギャラリー
Top Seminar Hotnews Event Information press Givaudan Rose Essence Shop Profile School Contact English
  シャマイム・ローズギャラリー ホットニュース
BackNumber < 41 40 39 38 37 36 35 34 33 32 31 30 29 28 27 26 25 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 >
<Rose News 番外編・ 愛猫ローズちゃんが逝く! ありがとうローズ!>
2009年9月28日朝 愛猫ローズちゃんが11才半の短い生涯を静かに終えました。 病名は腎不全でした。ローズちゃんとの出会いは11年前の初夏、家の近くの道ばたでママ猫に連れられた数匹の子猫がよほどお腹が空いたのか、一生懸命ミミズと土を食べているのに遭遇したのが、始まりです。それから数か月したちょうど9月の下旬のある朝、ママ猫とはぐれた他の兄弟の猫と一緒に3匹で家の庭の片隅に置いてあった布の上に寄り添って寝ているのを発見したのが2度目の出会いでした。思わず可哀そうで可愛くてミルクを3匹にあげてしまったのがきっかけで、その時よりローズちゃん達と一緒の日々が始まりました。
ローズと名つけたのは唯一のメス猫でお花が大好きで当時、家のベランダで栽培していたミニローズガーデンを私が手入れしているといつも側にきて、ずっと見ていて薔薇の花が大好きな子猫だったので”ローズ”と命名しました。その5年後に、この 薔薇の仕事を始めることになったので、この仕事は彼女が運んで来てくれたと私は今でも信じています。 好物はチキンで毎年のクリスマス前後には美味しいチキンを食べれるを楽しみにしていました。思えばこれがよくなかったのかも しれません。ローズは私にはとても甘えたな猫ちゃんでしたが、とても繊細で内気な猫だったので、11年間の私以外の人間にほとんど慣れることもなく、特に晩年はひとりでいることが好きで猫のお友達もいませんでした。 今年の2月末より病状がかなり悪化し、数値からも先生からあと余命と宣告されその日より毎日私と朝夕の病院通いが始まりましたが動物病院の先生達がおっしゃるには驚異的な生命力で、今まで本当によく頑張っていたとのことでした。9月の上旬には危篤状態になり関係者全員もう無理だと思っておりましたが、なぜが突然、奇跡的に回復して今までのどの時期よりもご飯を食べてくれ、とても元気になり本当に喜んでいたのもつかのま、また少しづつ弱くなり私に苦しむ姿を見せない様にか最後まで日まで自分でご飯を食べて、翌日の朝突然静かに11歳半の命を終え、秋風の季節美しい緑に囲まれた山芦屋の動物霊園で生花とプリザーブドの薔薇に包まれて逝ってしまいました。
11年の間、ローズちゃんを見守ってくれた皆様、病気になってから最後まで本当よくしてくださりお世話になりました”シェル動物病院”、日曜日や祝日に見て下さった”スター動物病院”の先生方及びスタッフの皆様、また闘病中ローズちゃんを応援して下さった皆様本当にありがとうございました。
この場をかりて改めて御礼申し上げます。
2009年6月5日ショップにてのローズ
2009年7月26日
2009年9月17日ショップにて
ローズちゃん と蒼い薔薇
2009年9月20日ローズ オブ サファイアとローズちゃん
末筆になりますが、ここまで読んでくださった皆様

ローズちゃんの文章読んでくださりありがとうございました。
最後に皆様に御願いがあります。
もし皆様が道でノラ犬や猫達ちゃんに遭遇したら、餌をやって下さいとまでは言いません。
でもどうぞ暖かい目で彼女達を見てあげて下さい。ノラ犬や猫ちゃん達は与えられた生命を精一杯生きようとしています。

うちに迷い込んだローズちゃんように!
何卒よろしくお願いいたします。

シャマイム ローズ ギャラリー
代表 古川 敦子 
最後にローズちゃんを応援してくれた、友人のUさんのメールを投稿させていただきます。

ローズちゃんへ
よく頑張ったよね。辛かったよね。苦しかったよね。でも最後は痛くなかったんだよね。 もう大丈夫、これから先は痛いことはないよ。これからも先生はローズちゃんのことを大好きで いるからね。安心してゆっくりおやすみね。最後に私のことも怖がらずに見てくれてありがとう! 天国に行ったら、私のお友達でシャム猫のミミちゃんが居るから探してみてね。とっても優しい子だからお友達になれると思うよ。独りぼっちじゃないからね。元気でね。バイバイ。先生もお疲れ様でした。
大変だったと思いますがローズちゃんが安心して天国に行けるように笑顔で送ってあげてください。 そして少し休んでくださいね。

Uより



お花が大好きだったローズちゃんへ

ローズちゃん今まで本当にありがとうね。ローズがうち来て幸せだったどうかはわかりませんが、私はローズに会えてちょうど11年間近く一緒にいてとても幸せでした。 病気になってから7か月間、本当に我慢強くじっとしていて,最後まで激しく吐いたりあまり鳴くこともなかったローズ。毎日通った点滴治療、ショップから動物病院への道すじの時だけ、外が不安になるのかうれしいのか春、夏、秋と季節の変化を感じながら、ケージの中からニャア、ニャア鳴いて一緒にお話しながら、よく頑張って通ったね。フラフラになっていてもお外やお店のお花を見るのが大好きで、逝ってしまう前日に寄ったケンタッキーのお店では大好きなチキンも食べて最後の日まで頑張って生きようと自分で起きあがって置いていた餌を全部食べて、私に苦しむ姿を見せない様にか翌朝静かに逝ってしまったローズちゃん。今までローズは本当に偉かったね!先生達もローズの生命力は本当に凄いって言ってくれていたよ。あっちにいったら、食べたいだけご飯を食べてUちゃんのお友達の猫のミミちゃんと先に逝った杏ちゃんを探して仲良くしてね。天国には青い薔薇は咲いているかな?もうお友達は沢山できたかなあ?結局私に苦しむ姿を1度も見せず、朝突然逝ってしまったローズちゃん!闘病中は私も辛かったけどローズの方がもっと辛かったよね。
おにちゃん達は私がちゃんと面倒みるからね!心配しないでね。ありがとうローズ!またね!

敦子より

ローズちゃんが
大好きだった
薔薇の花と一緒に
2006年元気だったころの
ローズちゃん
7か月間お世話になったシェル動物病院の皆様とご一緒に 日曜日や祝日にお世話になった
スター動物病院の先生方とご一緒に
芦屋山手動物霊園
更新日 09/10/23
Copyright 2006 Shamayim Rose Gallery All Rights Reserved.